• 文字サイズ ≫
  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ大
お問い合わせ
立正大学ホームページ 立正大学校友会 リンク集
インフォメーション
規約

第1章 総則

【名称】

第1条

本支部は、立正大学同窓会埼玉県支部と称する。

【会員】

第2条

本支部会員は次の者をもって組織する。

(1)

立正大学に在学したもので、埼玉県に在住又は勤務する者。

(2)

本支部の趣旨に賛同して入会を希望する者で、役員会の承認を得た者

【事務局】

第3条

本支部は、会務処理のため事務局を置く。事務局を、事務局長宅に置く。

【地区・部会】

第4条

本支部に地区を置く。その他必要に応じて部会を置くことができる。
部会の組織は必要に応じて別に定める。

第2章 目的及び事業

【目的】

第5条

本支部の目的は、次の通りとする。

(1)

会員相互の親睦と互助を図る。

(2)

母校並びに同窓会の発展に貢献する。

(3)

埼玉県の地域の発展や文化の振興にも寄与する。

【事業】

第6条

本支部は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。

(1)

会報・会員名簿の発行・配信

(2)

会員相互の連絡及び情報交換

(3)

講演会・研修会の開催

(4)

会員の福利・厚生・慶弔

(5)

母校学生の激励並びに埼玉県保護者(父兄)会との連携

(6)

その他、本支部の目的達成のために必要な事業

第3章 役員

【役員】

第7条

本支部に次の役員を置く。

 

①支部長1名  ②副支部長 若干名  ③事務局長1名  ④幹事長1名
⑤副幹事長若干名  ⑥監査2名  ⑦会計2名  ⑧地区別幹事(旧地区支部長)若干名  ⑨本部代議員1名  ⑩本地域広報担当委員2名
⑪事務局役員若干名(書記担当、企画担当、通信担当等)
⑫顧問を置くことができる。

【役員の選出及び任期】

第8条

 

支部長・副支部長・事務局長・幹事長・会計・監査は、任期が終了する前に役員会で選出し、総会の承認を得る。

総会において全項が承認されたときは、役員会を解散し、直ちに新たに選出された役員で役員会を構成する。

同窓会本部代議員は、新役員会で選出し、総会の承認を得る。

第1項、第3条項の役員以外の役員は、支部長の指名により選出する。

支部の役員等の任期は、3年とする。但し、再任は妨げない。補充による役員の任期は前任者の残任期間とする。

第7条の役員のうち①支部長・③事務局長・④幹事長・⑥監査・⑫顧問のほかの役員に、支部長は会の活動上必要と認めるとき、他の役員を兼務させることができる。

名誉会長・顧問は、支部長経験者、またはそれに準ずる者とする。顧問も地区幹事は兼務することができる。

名誉会長は、支部長、顧問を経験し、本会に大きく貢献した者とする。

【役員の任務】

第9条

 

支部長は支部を代表し会務を統括する。

副支部長は支部長を補佐し、支部長に事故あるときはその職務を代理・代行する。

幹事長は、本支部の会務を掌握し、地区幹事相互間の融和を図り統括する。

事務局長は、会務の円滑な運営を図る。

会計は会の会計を司る。

監査は、財務・事業等に関し監査する。

その他の役員は、それぞれの立場で会務の執行に努める。
(職務の内容は、細則で別に定める)

第4章 総会及び役員会

【総会】

第10条

【会員】

本支部の総会は、定例総会、臨時総会とし支部長がこれを招集する。

定例総会は、年1回支部長が招集し、支部の最高決定機関として、事業計画、事業報告、予算、決算、役員の選任並びにその他の重要事項の承認を行う。

総会の議事は、出席会員の過半数で決する。

前項の規定のほか総会の開催で必要な事項は役員会で決定する。

臨時総会は、必要に応じて支部長がこれを招集する。

【役員会】

第11条

役員会は、支部長が認めたとき、または役員の過半数が求めたときに支部長が招集する。

第5章 会計

【会計年度】

第12条

本支部の会計年度は、毎年4月1日より翌年の3月31日までとする。

【運営経費】

第13条

本支部の運営経費は、支部会費、本部助成金、事業収入及び寄付金などをもってこれに充てる。

【会費】

第14条

本支部の運営に資するため、会員は会費を納入する。
(会費の額は、細則で別に定める)

第6章 会則の改正

第15条

本会則の改正は、総会出席会員の過半数の同意を得て改正することができる。
(本会則に必要な細則は、役員会において定める。)

第7章 会則の施行

第16条

本会則の施行は、附則で別に定める。

附 則 
1 本会則は、昭和26年9月30日より施行する。
1 本会則は、昭和63年6月19日より改正する。
1 本会則は、平成12年6月10日より改正する。
1 本会則は、平成24年6月23日より改正する。
1 本会則は、平成28年5月14日より改正し、本会計年度より施行する。

細 則
1 事務局長 
  事務局員の書記担当,企画担当,通信担当を統括し,会務の円滑に務める。
1 書記担当 
  総会、役員会、各事業等のほか、必要な活動に関する記録(概要)を行う。
1 企画担当
  事務局長の下、総会で承認された事業計画ならび必要に応じた事業の企画と運営補助を行う。
1 通信担当 
  書記・企画担当・その他役員・会員からの情報を中心としながら会員への情報の収集・発信を行う。
1 会  計
  事務局長との確認の上、本支部会の収支を担当し事業の円滑な推進を期し会計事務を行う。
1 会  費
  本支部の会費は、年額1,000円とする

内規事項
本支部の円滑な運営上、特に役員の負担に鑑み以下の内規を定める。
1 役員会における交通費答の補助
2 他都道府県の同窓会活動、学部同窓会活動に参加依頼や案内を受けた場合の会員への参加費、交通費の補助
3 各役員の電話、メール等による通信費用(郵便関係除く)年額で支払う。一律2,000円とする。
4 本支部の円滑な運営上に緊急必要な事務的経費、その他の経費をす支出する場合は支部長と事務局長、会計の3者協議で決定、支出することができる。

【附則】

本会則は、昭和26年9月30日より施行する。

本会則は、昭和63年6月19日より改正する。

本会則は、平成12年6月10日より改正する。

本会則は、平成24年6月23日より改正する。

本会則は、平成28年5月14日より改正し、本会計年度より施行する。

【細則】

事務局長
事務局員の書記担当,企画担当,通信担当を統括し,会務の円滑に務める。

書記担当
総会、役員会、各事業等のほか、必要な活動に関する記録(概要)を行う。

企画担当
事務局長の下、総会で承認された事業計画ならびに必要に応じた事業の企画と運営補助を行う。

通信担当
書記・企画担当、その他役員・会員からの情報を中心としながら会員への情報の収集・発信を行う。

会計
事務局長との確認の上、本支部会の収支を担当し事業の円滑な推進を期し会計事務を行う。

本支部の会費は、年額1,000円とする。

【内規事項】 本支部の円滑な運営上、特に役員の負担に鑑み以下の内規を定める。

役員会における交通費答の補助

他都道府県の同窓会活動、学部同窓会活動に参加依頼や案内を受けた場合の会員への参加費、交通費の補助

各役員の電話、メール等による通信費用(郵便関係除く)年額で支払う。一律2,000円とする。

本支部の円滑な運営上に緊急必要な事務的経費、その他の経費をす支出する場合は支部長と事務局長、会計の3者協議で決定、支出することができる。

ページトップへ戻る